NPO法人Azたいむ「『自立援助ホームたいむ』とは」(NEW)

 私たちの活動は、児童相談所の一時保護所や家庭裁判所などから辿り着く15歳から20歳の青少年が暮らす「普通の家」の運営です。担当者が24時間交代で常駐し、生活支援や就労支援をします。定員は6名。10年目の今も新潟県内で唯一の自立援助ホームです。これまでに巣立った青少年は19名。ホームからアパートに自立してからも食事や相談に来たりして、実家のような利用が展開されています。活動を継続していくには、アフターフォローのためのマンパワーや資金が必要です。現在、設立時から使用してきた老朽家屋を何とか建て替えて、これからの活動が安心して続けていけるように準備を進めています。
 誰にでも疲れ果てたときに、気兼ねなく休息できる居場所づくりや困りごとを相談できる相手が必要です。この度、たくさんの方々から寄せられた御厚意は、青少年が孤立することなく、社会で前向きに生き抜いていくために必要な支援に使わせていただきます。ありがとうございました。

ホームの様子

2019年09月13日