九州豪雨義援金贈呈式を開催しました(NEW)

 9月8日に新潟ユニゾンプラザで行われた贈呈式で、新潟日報社と新潟放送が県民に呼びかけて集まった義援金24,672,194円(両社からの拠出金、各100万円を含む)を中央共同募金会へ贈呈していただきました。
 この義援金は、中央共同募金会を通じて被災県へ送金されます。
 贈呈式では、新潟日報社の小田敏三社長から「貴重な浄財をいただいた。被災地の皆さまに少しでも役立てて欲しい」、新潟放送の佐藤隆夫社長からは「コロナ禍でこれだけ多くの寄付が集まった。この善意を有効活用してほしい」とのお言葉をいただきました。
 中央共同募金会の渋谷篤男常務理事は「新潟の皆さまの気持ちを寄せていただいたことに大変感謝している」と感謝の言葉を述べました。

贈呈式の様子

2020年09月11日